敏感肌のスキンケア

スキンケア徹底講座画像 敏感肌はストレスが原因で肌が乾燥状態なので潤いが必要



いままで敏感肌でなくても、仕事や人間関係によるストレスによって一時的に敏感肌になるケースがあります。健康な肌は、しっかり水分を保つと同時に外部のさまざまな刺激に対してお肌を守っていますが、ストレスなどによってホルモンのバランスが崩れると、表皮のバリア機能が低下して肌の水分が無くなり乾燥状態になります。

お肌が乾燥することにより、外部の刺激や異物が侵入しやすくなり、また、外部の刺激に敏感に反応します。このようなトラブルにより肌のカサつき、かゆみ、かぶれ、赤み、炎症などがおこってしまいます。このようなことにならない様に洗顔や、保湿の徹底、生活スタイルの見直しをしましょう。

敏感肌のスキンケアの基本は、化粧水でしっかりうるおいを与え、乳液やクリームで潤いを封じ込めることです。特に、洗顔後の乾燥しやすい肌にすぐ潤いを与えることが大事です。化粧水を馴染ませる際にパッティングもやさしく行い、肌に刺激を与えないように優しく押さえ込むように肌に浸透さるスキンケアが大切なポイントです。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


スキンケアの基本へ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座