背中ニキビのニキビケアについて

スキンケア徹底講座画像 背中ニキビのニキビケアは毎日の入浴時の洗い方が決め手!



背中は自分で直視できないので、ニキビができても初期段階ではなかなか気づきにくいものです。

あれっ?と思って手探りで確認したりすると、その時に雑菌が入ったりして余計悪化したりするので、触って確認する時は手をきれいにしてからか、入浴時がよさそうです。

背中のニキビの原因は、毛穴に脂が詰まっておこるものがほとんどです。顔などとは違い、汗をよくかくところでありながら一日のほとんどを衣類に覆われているので、日中は清潔なタオルなどでこまめに汗をとるなど、清潔を保つことが大事です。

春〜夏は、首の下などが露出する涼しげなファッションや水着になって背中を出す機会がなにかと多いものです。ニキビ全部に言えることですが、背中ニキビも例に漏れず、1日や2日で治るものではありません。露出の少ない時にこそ、お手入れのチャンスです。

背中ニキビは顔のニキビと違って、不衛生状態が発生の原因であることが多いということです。お風呂で背中を洗うときは、石鹸やボディーソープをしっかりと泡立てて、良くすすぎ洗い流しをします。あまり泡立てず、石鹸成分が残るような荒い方をすると、背中ニキビの発生の元となります。

洗った後は、保湿効果のあるローションを使用するとよいでしょう。手が届きにくいので、人に塗ってもらうか、スプレータイプのものを購入すると自分でできます。

背中の毛穴はアクネ菌が少ないので、背中ニキビができてしまっても比較的直りやすいといわれています。

初期状態に意識してケアをすることで、重症化を防ぐことができます。普段は、清潔なタオル等で汗をぬぐうなどして、入浴時の毛穴があたためられて開いているような状態の時に、洗ったりローションを塗ったりするケアを行いましょう。

保湿成分の入った入浴剤を使って、お湯につかると肌の乾燥を防ぐことができるのでお勧めです。また、体を洗う順番を、髪の毛⇒体とすると、シャンプーなどの泡の洗い残しが背中に残りにくいので、体を洗う順番も工夫するとよいでしょう。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ニキビケアについてへ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座