ニキビケアの方法

スキンケア徹底講座画像 正しいニキビケア方法をしっかり続けてニキビ撃退



ニキビの種類には大きく分けて白・黒・赤ニキビの3種類あります。それぞれ原因が違うのでニキビケア方法も違ってきます。自分のニキビのタイプを良く知って一番合ったケアをするのがニキビを治す早道です。

どのニキビにも洗顔は大事ですが、それに加え、規則正しい生活リズムとバランスの良い食生活を送るなどの生活習慣の改善が必要です。肌の代謝を良くして、皮脂の過剰排出を防ぐことができます。

洗顔もニキビケア向けのやりかたをして、生活習慣にも気をつけていればたいていのニキビは症状がおさまっていくのですが、改善が見られない又は症状がどんどん悪化するなどの場合は、皮膚科に診てもらうのが良いでしょう。

ニキビケアにはいろんな方法があります。どんなニキビに対しても共通して重要なケアはやはり「洗顔」です。

ニキビケア用の洗顔料を、泡立てネットなどを使用してしっかり泡立てて優しく洗い、洗い残しの無いようにしっかりすすぎます。冷たくもなく熱すぎもしないぬるま湯ですすぐと、汚れも泡も落ちやすいです。きれいなタオルでおさえるように水をとったら、化粧水や保湿液で肌を整えます。

ニキビ専用の化粧品を使ったり、食生活や睡眠時間を見直すのもニキビケアにつながります。生活習慣を正すのは、ニキビのためだけではなく体全体の為にも良いのでお勧めなのですが、なかなか大幅には変えられないなどの時は、ビタミン剤などで補うのもひとつの方法です。

思春期にできるニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れによるものが大きいので、ケアはもちろん必要なのですが、ある程度の時期が過ぎるのを待つしかないところもあります。

大人になってからできる大人ニキビは時期の問題ではないので、必要なケアにプラスして、生活習慣の見直しが必要になってくる場合があります。生活習慣の見直しの例を挙げると、脂っこい食事を避ける、野菜を多く取る、お酒やタバコを控えるなどの食生活の見直し、睡眠をしっかりとるなどがあげられます。

具体的に何をどうしたらいいかわからない場合は、皮膚科のお医者さんに診てもらって相談すると良いでしょう。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ニキビケアについてへ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座