敏感肌と乾燥肌の関係

スキンケア徹底講座画像 敏感肌と乾燥肌の関係について説明しています。



敏感肌と乾燥肌の関係について説明します。
敏感肌とは、普通の人なら反応しない刺激や物質に対して、過敏に反応してしまうため、かゆみやかぶれ、赤みや炎症などの肌トラブルを起こしやすい敏感な肌のことをいいます。

敏感肌の人は、角質層の水分保持能力のセラミドが不足してしまっているので、皮膚表面の皮脂膜のバリア機能が正常に働いていないため、ウイルスやアレルゲンが進入しやすく、炎症を引き起こしやすい状態になり、外部からの刺激に大変弱くなっています

敏感肌と乾燥肌は、別の肌トラブルだと考えられることが多いのですが、敏感肌と乾燥肌には深い関係性があります。
乾燥肌になると、肌の新陳代謝機能や外界の刺激から肌を守る防御機能が低下し、肌の水分が正常に保てなくなり、それにより肌が乾燥し、かゆみや湿疹などができやすくなります。
乾燥肌になることが原因で、肌トラブルが回復せず、刺激に弱い敏感肌になってしまうのです。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


敏感肌のための低刺激スキンケアへ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座