敏感肌になる原因

スキンケア徹底講座画像 敏感肌になる原因を説明しています。



敏感肌を改善するには、まず原因をしることが肝心です。敏感肌の原因は、大きく分けて二つあり、アトピーやホルモンの影響などによる体の中からの体質的な内的要因と、外気が乾燥していたり、化粧品や洗顔などのスキンケアが合わないことから敏感肌になる外的要因があります。

体の中からの内的要因は、遺伝的体質だったり、アレルギーや、アトピーからの影響で肌が敏感になったり、内臓の機能障害や、ストレスなどにより、ホルモンバランスが崩れてしまったことや、偏った食生活により敏感肌になることがあります。また体質の変化や、疲労などによって、一時的に敏感肌になることもあります。

敏感肌の外的要因は、肌に合わない化粧品を使っていたり、間違った洗顔方法や、温度や湿度の変化など環境から、セラミド不足の敏感肌をつくってしまうことがあります。化粧品や洗顔料には、お肌を守るバリア層まで壊してしまう成分が使われているものもあります。皮脂膜を失ってしまうと、お肌の水分が蒸発し、水分を保てなくなるため、敏感肌にもなってしまうのです。 敏感肌の原因はさまざまなので、皮膚科などに相談し、自分の敏感肌の原因を把握して、改善していくことがとても大切です。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


敏感肌のための低刺激スキンケアへ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座