スキンケアでハリ・弾力を保つための洗顔

スキンケア徹底講座画像 スキンケアで肌のハリ・弾力を保つために洗顔が重要です。



スキンケアで肌のハリと弾力を得るために一番重要といわれているのは洗顔です。
洗顔は想像する以上に肌に負担を与えますが、知らずに間違った方法で洗顔をしている人が多くいます。
洗顔で肌トラブルを起こさないために、正しい洗顔のポイントを紹介します。

洗顔は肌を清潔にして、古い角質や皮脂・ほこりなどを洗い流します。
メイク残りやクレンジングもきれいに洗い流しましょう。
ただし、洗い過ぎは肌の皮脂にダメージを与えてしまい、肌トラブルを起こしやすくなります。
1日2回を目安に、丁寧に洗いましょう。

洗顔の適温ですが、冷水だと毛穴が収縮してしまい、毛穴の奥の汚れを洗うことができません。
熱いお湯だと皮脂の油を余分に落としてしまいます。
30度くらいのぬるま湯で洗うのが肌に負担のかからない温度です。

洗顔後は肌のツッパリ感が少しだけ感じられるくらいがいいとされています。
肌が少し突っ張るのは、汚れが落ちた状態です。
突っ張り過ぎるときには、洗浄力の弱い洗顔料に変えてみましょう。

洗い上がりがべたつくのは油分が残っている状態です。
洗顔剤に油分が多く含まれているか、洗浄力が不足しています。
油分が残ると化粧水や美容液が浸透しずらくなるので、洗浄力の少し強い洗顔料を試してみるのがいいでしょう。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ハリと弾力のためのスキンケアへ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座