角質層で守られてます

スキンケア徹底講座画像 ターンオーバーで表皮の中で角質細胞の入れ替え



スキンケアとは、お肌を世話をする事、角質ケアとは角質のお世話をする事です。両方とも皮膚に関係
しているわけですが、私たちの肌は、皮膚表面から深部に向かって「表皮」「真皮」「皮下組織」に
分かれています。皮膚の厚さは表皮と真皮をあわせて平均1.4ミリ、その内表皮は約0.2ミリです。
「表皮」の表面から深部に向かって「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」とまた分かれています。
角質とは、硬タンパク質の一種であるケラチンの別称です。角質層は角質が何層にも重なっています。

皮膚の一番表面に見えているのが角質層と言えるわけです。角質層は角質細胞がたくさん重なって
出来ていてこれを角質と呼んでいますが、角質は保湿や外部からの異物が体内に入るのを防いでくれる
大事なものです。角質は外側にあるほど古い角質なのですが。28周期で内側から外側へと新陳代謝に
よって生まれ変わっています。これを「ターンオーバー」と呼んでいます。
年齢が高くなるにしたがって、このターンオーバーの周期は、30代で約30日、40代だと35日など、
遅くなってくると言われています。

表皮の一番外側が角質という事はわかりましたね。表皮の一番下にある基底層で作られた表皮細胞は有棘層で栄養を補給し、分裂しながら押し上げられて角質層までいくと死んだ細胞となり、最終的に垢となってはがれて落ちていき、また表皮細胞が生まれてと常に新しく生まれ変わっています。
表皮に出来た傷はこの過程で痕にならずに治っていきます。紫外線によってメラニン色素ができても、
この表皮の中にいる分にはターンオーバーで体外に出ていくわけです。
死んだ角質細胞は、レンガのように積み重なって角質層を作っていますが、この表面部分が
細菌・ウィルス・紫外線・化学物質などから守ってくれているわけです。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


角質ケア(スキンケア)へ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座