角質ケアにセラミド

スキンケア徹底講座画像 保湿成分のセラミド、生芋こんにゃくは多いそうです



スキンケアは肌本来のプルプルと美しくなろうとする機能を正常に働かせてあげるお手伝いをする事。
人間の肌には水分を肌に維持させる「保湿成分」がもともとありますが、その機能がうまく働かないと
水分が蒸発して乾燥したお肌になります。肌が乾燥すると角質層が厚くなり肌が硬くなります。
角質層は乾燥して角質のバリア機能が損なわれるとよりいっそう肌を守ろうと厚くなります。
乾燥の外的要因としては、夏はエアコンで冷房や除湿をしている為に、お肌が乾燥します。

健康なお肌は、シミ・シワ・たるみがなくて、キメ細かで、色白でツヤがありみずみずしいプルプルの
お肌を想像しますよね。シミ・シワ・たるみ・色黒に紫外線が関係してくる事は書きましたがその他に
どうしたらキメ細かで、みずみすしくプルプルのお肌でいられるのか?
そうでない内的要因としては、ストレスや栄養の偏り・睡眠不足・加齢などがあげられます。
毎日の生活からストレスをなるべく感じない様にして、睡眠は夜の22時〜2時のお肌のゴールデンタイム
ぐっすりと眠る様にしましょう。


栄養の偏りについては、ビタミン・ミネラル・タンパク質などの基本的な栄養素が整っている事は
当然ですが、お肌にうるおいを与える保湿効果のある食事を心がけると良いですね。
セラミドが不足するとお肌が乾燥しますが、生芋こんにゃくなどは多く含まれているようです。
ヒアルロン酸・コラーゲンも保湿効果がありますね。
フカヒレや牛すじ肉、鳥皮などにも含まれていますが、普段の食事でなかなか取れないようで
あればサプリメントなどで補ってあげるのも1つの方法です。




メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


角質ケア(スキンケア)へ戻る
スキンケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)スキンケア徹底講座