爪にやさしいネイルカラー選び

ネイル徹底講座画像 爪にやさしいネイルカラーはネット通販が種類豊富



爪は皮膚が角質化して硬くなったものなので、呼吸をしています。

ネイルを塗ると通常はその呼吸を止めてしまうことになるので、長期間ネイルを塗りっぱなしにしておくと爪を傷めてしまうこともあります。

爪がもともと弱かったり長くつけていたい人には、酸素を透過するネイルカラーがオススメです。

ネイルカラーには、有機溶剤の一種であるトルエンが使われているものがあります。トルエン入りのネイルを長く使用していると、爪が黄ばみます。トルエンはシックハウス症候群の原因物質でもあるので、体質的に合わない人には湿疹などのトラブルが発生する可能性もあります。最近ではトルエンによる害を懸念して、爪にやさしいトルエンフリーのネイルカラーも多くなってきました。





で使われるトルエンフリーのものは、普通のものより値段が少々高めではありますが、体に直接つけるものですからあまり安物買いをしない方が、結果的にハズレが少ないでしょう。

ネイルカラーには今だに、トルエン・フタル酸ジブチル・ホルマリンなどの環境ホルモンの原因や発ガン性物質といわれる成分が使われているものが多いです。

ネイルをするのは好きだけれど、ニオイで気分が悪くなる・・・という人も多くいるのではないでしょうか。

最近では人体に有害といわれているトルエンやフタル酸フリーのネイルカラーも販売され始めました。数はまだ少ないのですが、ネット通販などで購入ができます。お金を出して買うものなら、爪にやさしい成分のネイルカラーを選びませんか。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


爪にやさしいネイルへ戻る
ネイル徹底講座へ戻る


Copyright (C)ネイル徹底講座