ネイルで爪が変色!?さあ、どうしよう?

ネイル徹底講座画像 ネイルで爪が変色するなど爪のトラブルが増えています。



いま、ネイルアートやジェルネイルなど、爪のおしゃれを本格的に楽しむ人が増えています。以前は、自分でやるとしたらマニキュア程度で、ネイルアートなどはネイルサロンで施術してもらうものでした。最近は、ネイルアートやジェルネイルなどを素人でも気軽に楽しめるように、さまざまなアイテムやキットなどが販売されているので、自分で施術する人も増えています。

ネイルを楽しむ人が増えた一方で、ネイルによって爪が変色したり爪カビが生えるなどのトラブルを訴える人も増えてきました。「爪に何も塗っていないなんてありえない」とまでいう人もいるようですが、ネイルを楽しみたい反面、ネイルで爪が変色しないためにはどうすればよいのかと悩んでいる人も数多いようです。

ネイルで爪が変色する大きな原因として、ネイルそのものよりも除光液が爪にはよくないのです。また、ジェルネイルなども自爪と人工爪の間に隙間があると、その隙間に水分が入り込み爪カビが発生してしまう事があります。ネイルで爪が変色しないために、正しい知識をつけてからネイルのおしゃれを楽しみたいですね。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ネイルで爪が変色!?へ戻る
ネイル徹底講座へ戻る


Copyright (C)ネイル徹底講座