まつ毛メイク用のマスカラ

メイクアップ徹底講座画像 まつ毛メイクで重要なメイクアップキーワードは「セパレート効果」



日本人のまつ毛は、短い・長さがない・下向きなどなど、外国人の正反対な特徴を持っていてマイナスイメージを抱えている人も多いようなのですが、メイクアップの仕方やアイテムの選び方でいろんな表情を作れるのでちょっとした変身願望を満たせる「わくわく感」を持てるなって思います。これって女子の特権ですよね!

セパレート効果の高いマスカラは、ボリュームアップに向かないといわれていますが、最近では繊維入りのものもあり、ボリュームupとセパレート効果の相乗効果をgetできちゃう商品も出ています。

ただ、繊維入りのものはつける量を気をつけないとあとでぼろぼろ落ちてくるなんてことになりかねません。
繊維なしのセパレート効果ありのものはカール力が高いというプラス効果を持つものが多いのでそちらの方が1日の安心感が違うかもしれませんね。

まつ毛メイクのアイテムで重要なのは、ビューラーやアイラッシュをさておきやはりマスカラの力ではないでしょうか。自分のまつ毛に悩みを持つ女性は多いようです。『目ぢから』という言葉がありますが、目の印象はその人の雰囲気をも表現できるパーツですから、メイクアップでかわいらしくも美しくも変身できるわけです。まつ毛のメイクアップで顔の印象が格段に変わることは間違いないので、マスカラ選びには是非こだわりたいもの。つけまつ毛やまつ毛エクステも魅力的な『変身アイテム』なのですが、やはり目元の皮膚やまつ毛へのストレスが気になるところ。セパレート効果の高いマスカラでメイクアップすれば、自前のまつ毛使用なのでしっかりしているのに自然な仕上がりが嬉しいです。

まつ毛メイクの代表といえばつけまつ毛です。つけ方にコツがあるものもありますが、メイクアップ力やテクなしでカンタンにふさふさのばっちりおめめを作れます。でも、つけまつげを長期間使用すると、もともと弱い目のまわりの皮膚がいたんだりまつげが抜けた部分から次が生えなくなったりします。まつ毛は髪の毛よりも伸びる長さやスピードが遅いので、一旦傷めると再生には時間がかかります。美容液効果が入っていて、クレンジングでもストレスなくするりと落ちるなどの成分でできているセパレート効果の高いマスカラでメイクアップをすれば、いろんな表情の目元を作れるのはもちろんおしゃれをしながら大事なまつ毛のケアもできるので人気です。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


マスカラのセパレート効果へ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座