あこがれのマット肌はファンデーションから

メイクアップ徹底講座画像 マット肌美人をめざしてファンデの正しい塗り方マスター



ファンデーションの塗り方一つで持ちが違ってくるって知ってました?正しくファンデーションを塗るコツをつかんで、今日からメイクも素敵度もながもちに!
入液状で柔らかくて薄付き、厚付きがコントロールしやすいので、初心者にもおすすめなのが
リキッドタイプのファンデーション。ちょっとしたテクニックで持ちが断然違ってきます。ぜひ覚えてチャレンジしてみて下さいね!

ファンデ−ションがよれてる場所ってどこでしょうか?そうです、よく動く口元、目元、額、ほうれい線辺りですよね。そこがポイント!よく動く箇所にはファンデーションは薄付きで良いのです。他の動かないところと塗る量を変えましょう。多くのせるからよれてくるのですね

次はリキッドファンデーションの塗り方ですが、いつもぺターッと均一に塗ってませんか?ここがポイント!塗るのではなく、毛穴にはめ込むように手でたたきこむんです。しわや毛穴にもしっかりのって目立たなくなり、しかも落ちにくくなるのです。そして、あこがれのマット調の陶器肌に近づていきますよ。目の周りや、小鼻の横の細かなところは、鋭くカットしたスポンジではたき込むのがおすすめです。最後はフェイスパウダーで仕上げます。もちろんこれもはやさしくたき込む感じに仕上げていきます。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ベースメイクでマット肌へ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座