お湯で落ちるマスカラの落とし方

メイクアップ徹底講座画像 お湯で落ちるマスカラがうまく落ちない場合は



マスカラがまつ毛に付きやすい人と付きにくい人がいるように、お湯で落ちるマスカラであっても、メーカーによって落ちにくいものがあるようです。

基本的には、説明書に書いてある通りにすれば落ちるはずなのですが、説明書を捨ててしまって、よく読んでいなくて誤った落とし方をしている人もいるようです。

「イマイチ落ちにくい」「上手に落とせない」という方や再確認のために読んでみて下さい。

基本は、お湯を含ませたコットンをまつ毛に当てて落とします。

注意しなくてはいけないことは、マスカラを落とす前に、メイク落としでオイルクレンジングを使うときです。

まつ毛にオイルが付くと、お湯をはじいてしまい、落ちなくなることがありますので、先にマスカラを落としておく、あるいはノンオイルタイプのクレンジングを使うなどの対策が必要です。

顔と同じクレンジング剤はまつ毛が抜ける原因にもなりますし、刺激が強いと色素沈着する原因にもなります。

落ちにくい場合は、少し長めにコットンを当ててみましょう。マスカラをふやかすイメージです。

洗顔フォームで洗顔しているうちにふやけて、洗顔後に軽くつまんでオフしているという方もいるようです。

それでもダメという場合は、お風呂で落としてみましょう。

湯船にのんびりつかって、湯気でふやかしてみましょう。やさしくつまんで揉んでみるのもイイかもしれません。

ポイントは

・お湯をはじくようなものをマスカラに付けない
・ふやかす

の2点です。

試してみて下さい。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


お湯で落ちるコスメへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座