発色のよいナチュラルメイク

メイクアップ徹底講座画像 メイクアップ発色のよいナチュラルメイクで自然な魅力



女性の自然な魅力を表現するためには、発色のよいナチュラルメイクをすることです。
ナチュラルメイクの基本のポイントは、潤ったつやのあるきれいな肌と自然なメイクアップです。
まずは、潤い感を出すためにローションパックをしましょう。ローションパックでお肌に水分を十分に含ませてから、リキッドファンデーションをのせると潤い感のある肌になります。
下地はパール感のあるピンク系で顔の中心から外に向かって塗ると顔のクスミが消えます。
毛穴を消して肌をなめらかにするためには、部分用補正ベースを鼻などの毛穴が気になる部分に叩き込んで毛穴を埋めます。

目の下にクマなどがある場合は、コンシーラを塗ってカバーしておきます。
同じように小さなシミがあればコンシーラを筆の柄にのせてシミにのせていきます。
そして、自然なつやの出るルーセントパウダーを顔全体につけてペースの崩れを防ぎます。
顔につやを出すために大きなブラシで顔についている余分なパウダーを取ります。
アイシャドウはシャンパンゴールドをまぶた全体につけて、まぶたのクスミを消します。
それから、アイライナーでアイラインを2回に分けて引いてから、ブラウンのアイシャドウでラインをぼかしておきます。

まぶたを持ち上げてリキッドアイライナーを使ってまつ毛の間を埋めるように粘膜の部分を塗っていきます。終わればマスカラを放射状に、ダマにならないように塗ります。
下まぶたにはピンク系のアイシャドウを塗ってから、ピンク系のペンシルアイライナーでラインを引きます。
そして、ナチュラルタイプのつけまつげを目尻部分だけに付けます。
仕上げに柔らかくチークをいれて目の下にハイライトパウダーを塗っておきます。
最後に優しいカラーの口紅とリップグロスを塗って完成です。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


発色のよいコスメ選びへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座