発色がよいファンデーション

メイクアップ徹底講座画像 メイクアップ発色がよいファンデーションで美人度向上



発色がよいファンデーションを使って美人度をアップしましょう。
効果的なベースメイクアップは、肌色をチェックしてコントロールカラーを調べることから始めます。
例えば、あなたの肌色に合わせて、肌色を明るくしたいならホワイト系のファンデーション、クスミ肌が気になるならイエロー系のファンデーション、透明感を出したいならばブルー系のファンデーションを使い分けることで自然な肌色にすることができます。
ファンデーションの使い方で注意することは、とにかくのせすぎないことです。
少量を伸ばすことが大切で、のせすぎるとコントロールカラーが強すぎて逆効果になります。

ファンデーションにはリキッドタイプ、クリームタイプ、パウダータイプの種類がありますが、立体感を出すためには、顔の中で厚く塗る部分と薄く塗る部分の違いを知ることがポイントになります。
ファンデーションを塗るとき、顔の正面と目頭の下の部分がきれいに仕上がっていると、全体がきれいに見えます。
ということで、この部分からファンデーションをのせていきます。
左右順番に目頭の下の部分にファンデーションをのせてから外側に伸ばしていきます。

次に額の中央の部分にファンデーションをのせて髪の生え際に向かって放射状に伸ばしていきます。
ファンデーションは足さないでフェイスラインや生え際を薄く仕上げます。
このとき、目や口のまわりに絶対厚塗りをしてはいけません。
全体に伸ばし終わったら、スポンジで叩いて肌になじませます。
さらに立体的に見せたい場合は、顔にハイライトの部分とシャドウの部分をつくります。
ハイライトにするのは左右の目尻の幅で鼻筋、目頭、あごの先の3ヵ所に明るめのファンデーションやコンシーラーを塗ります。
シャドウにする部分は左右の目尻より外側の部分で、暗めのファンデーションやコンシーラーを塗ってシャドウにします。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


発色のよいコスメ選びへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座