発色がよいチーク

メイクアップ徹底講座画像 メイクアップで発色がよいチークで小顔に見せる効果が



発色がよいチークは顔色を良く見せてくれるだけでなく、小顔に見せることができる女性には必須のアイテムです。
でも、案外チークを使っている女性は、少ないようですね。
マスカラや眉は、丁寧にお化粧していても、チークを忘れていてはもったいないですよ。
メイクアーティストは、顔の印象を決める重要なポイントしてチークを大事にしています。
チークを使っていなかったり、使っていても何も考えず使っているなら、この機会に見直してくださいね。

それではチークのテクニックを紹介します。
●シェーディングは、自分の顔色より少しくらいぐらいのベージュ・ブラウン系のシャドウをこめかみから髪の生え際まで軽くのせます。これで顔に立体感が出るようになります。
小顔に見せる効果がありますがのせすぎると顔色が悪く見えます。

●チークは頬骨にそうようにのせていきます。
チークカラーは、お肌が色白ならばピンク系がおすすめ。お肌が暗いタイプなら、オレンジ系のチークがおすすめです。
チークは、下から上に向かって大きな筆でのせていきます。
●最後にほっぺたにチークをのせます。
頬骨を中心にチークをのせて小顔に見せようとしている女性が多いのですが間違いです。
頬骨だけにチークをのせるとやつれて痩せた感じに見えてしまいます。
それよりも、ほっぺたにピンク系かオレンジ系のチークをほんのり色づく程度のせるほうが柔らかい印象になってイメージがよくなります。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


発色のよいコスメ選びへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座