イメージ別リップメイクのバリエーション

メイクアップ徹底講座画像 リップメイクが色味にもまして、塗り方がポイント



魅力的なリップメイクで美しく品のある口元を演出しましょう。口紅は色味だけでなくどのようにリップにのせるかでメイクの印象も変わり、顔全体の印象も大きく左右すると思います。
ここでは基本的なリップメイクの手順とポイント、イメージごとの口紅ののせ方をご紹介致します。

まずリップメイクに入る前の下準備として、毎日のリップケアでもご紹介しましたが、くちびる専用美容液とラップパックでくちびるに潤いを与えましょう。もしも皮ムケがある場合は綿棒でケアすることも忘れずに。。。
表面を整えたらくちびる専用の下地クリームをつけましょう。縦ジワが目立たなくなりますし、リップの保護にもなります。
つづいて、コンシーラを塗って元々のくちびるの色を消しましょう。こうすることで、イメージ通りの色味のくちびるに仕上がります。
ここまでがリップメイクの下準備です。

●崩れにくい、長時間美しいリップに仕上げるには
長時間キープにはライナーの二度塗りがおすすめです。
ていねいに二回重ね塗りすることで立体感も強調され、すっきりと洗練されたリップに仕上がります。口角からくちびるの山に向かって直線的な輪郭を取ることで、口角が上がったように見え、、時間が経っても口元が引き締まって見えます。
口紅は軽く塗りつぶすようにすると持ちが良くなりますが、全体を塗りつぶすと立体感が無くなってしまいますので、輪郭の内側を塗りつぶし、内側は塗りつぶさいないようにしましょう。

●潤い感のある立体的なリップに仕上げるには
リップをリップブラシにつけて、ラインを引きます。口角から山へ向かってくっきりとした輪郭を引きましょう。輪郭をはっきりさせると、清潔感やきちんとした感じがでます。
また、立体感もだしやすいように思います。
口紅はリップブラシを使わずにスティックのまま、直接くちびるに塗るようにすると表面がなめらかに仕上がります。発色を良くして、持ちも良くしたい場合は二度塗りすると良いでしょう。
さいごに、ふっくらとしたり体感とつややかな潤い感をだすために、上唇、下唇ともに中央にだけグロスをつけましょう。中央にワンポイントだけのせることでより立体感がでます。


●さりげなくセクシーな雰囲気のリップに仕上げるには
リップペンシルでラインをひく時にパール感のあるペンシルを使用してみましょう。
理富はピンクベージュ系、肌になじみやすいイエロー系やゴールド系もよいかも。
口紅の色は上品な大人の雰囲気を演出するなら色味はヌーディーなベージュ系がおすすめです。
あえてグロスを使用しないことで、主張しすぎない大人びた高級感のある口元に仕上がります。

いつものお気に入りのメイク方法に上手に取り入れて、アレンジしたり、
いろいろと研究して、リップメイクを楽しんでください。




メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


立体感メイクへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座