一重でも立体的な目元にみせるアイメイク

メイクアップ徹底講座画像 一重を二重にすることよりも、美しい涼やかな一重を目指しましょう。



一重まぶたにコンプレックスを持っている方、二重まぶたに憧れている方、多いですよね。
アイプチなどで一重を二重にする方法もありますが、使用を止めると元に戻ってしまうことがほとんどですし、
人によっては肌にダメージが出ることもあるようです。
また、夜寝ている時に使用するなどご自身で使用方法を工夫して、「二重になれた!」という人もなかにいるようですが、
永久に二重になれることを保証するモノではありません。

ここでは一重を二重にするというメイク方法ではなく、一重を活かすメイク、
一重でもメリハリのある目元に見えるメイク方法をご提案したいと思います。
一重まぶたというと、目が腫れぼったい、たるんで見える、目が小さい、などの悩みを持っていらっしゃる方が多いようですが、
切れ長でクールな印象を与える一重まぶたは、二重まぶたにはないすてきな魅力あふれる目元だと思います。
一重でもメリハリのあるアイメイクは可能です。

まず、目元をすっきり見せるためのポイントは、アイラインのひき方にあります。

ペンシルタイプよりもリキッドタイプのアイラインの方が目元の印象を強めてくれるように思います。
ラインは長めに引き、目尻を少し跳ね上げるように描くとメリハリが出やすいと思います。(たれ目効果を狙う場合は別ですが。。。)

また、目を開いた時に隠れる部分のを塗りつぶすようにラインを引くと目元がはっきりするかと思います。
アイシャドウはご自身のベースカラーに合わせて似合う色を選べばよいと思います。
まぶたが膨張してはれぼったく見えることが気になる場合は寒色系がおすすめです。
ベージュやブラウンのアイカラーを使用したい場合は目のきわにブルーやグレーをなじませると印象的な目元になるでしょう。
アイシャドウの選び方は重たい印象になりがちな淡いトーンよりも、
鮮やかで発色の良いものを使用すると目元にメリハリがつきやすいのでおすすめです。
ただし、色味についてはベースメイクの色味、洋服のカラーとの兼ね合いもありますので、
デパートのコスメ売り場のテスターや、サンプル品などを利用して、お気に入りの色味を見つけてください。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


立体感メイクへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座