奥二重の悩み解消はアイラインとシャドウ使いにあり

メイクアップ徹底講座画像 アイラインとシャドウで奥二重もすっきりとした目元に



二重まぶたの人ってうらやましがられこそすれ、悩みなんてないでしょ!と思われがちですが、メイクの悩みや顔立ちのコンプレックスは人様々、人それぞれです。
キホン、うらやましがられることの多い二重まぶたのみなさん、「アタシたちだって悩んでるのよ!」っておもっていませんか?
二重まぶたの方のお悩みはやはり「奥二重」なのではないでしょうか?

ここでは、プチ整形などに頼らず、個性を活かしたメイク、コンプレックスをカバーするメイク方法のヒントをご紹介致します。

目力アップ・目パッチリのアイメイクなら、アイラインをしっかりとひいて目を引き立たせましょう。このときアイライナーはリキッドタイプがくっきりとしておすすめですが、慣れていない方はペンシルタイプの方が楽にラインがひけます。
少しくらい太くなってしまっても奥二重なら目立たないですし、ペンシルタイプならペン先の太さより太くなることはないので、安心して使いましょう。
大切なのはまつげの生え際ギリギリに引くことです。目の縁からラインが離れてしまうと子供の落書きみたいになってしまいます。

かわいらしくやさしい目元を演出したいならアイシャドウ・アイライン・マスカラすべてをブラウン系にするのがおすすめです。
黒いアイラインは引き締まったクールな目元を演出をしてくれますが、肌になじみにくい色味なのでけばい・怖い印象になってしまうこともあります。黒目の上下を強調して瞳を大きく見せたりなどのポイントメイクは効果的ですが、黒のアイラインで目をぐりぐりと一周塗りつぶすような使い方はNGです。

暖色系は膨張して、まぶたがよけいに腫れぼったく見えることがあるので、グリーンやブルー系で、涼しげな目元を演出するのもおすすめです。
ピンク系などを使用する場合はパステルカラーなどの淡い色味よりも多少ビビッドな色合いの方が、膨張して見えるのを防げます。


目をくっきりと際だたせたらシャドウやハイライトで立体感をだすとすっきりとした目力のある小顔美人になれるかもしれません。
色味的には日本人の肌には白よりもイエロー、シルバーよりもゴールドが肌になじみが良いと思います。
少しパールの入ったものを使用すると自然な光沢が出てより立体感のあるメイクに仕上がります。




メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


立体感メイクへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座