立体感とメリハリのある顔立ちは「デカ目」メイクがキメ手

メイクアップ徹底講座画像 「デカ目」メイクでメリハリのある立体感のある顔立ちを目指しましょう。



立体感のある顔立ちって憧れてしまいますよね。
どうしても日本人顔って、メリハリや凹凸に欠けるような気がしてしまいます。
顔の各パーツにメリハリをきかせてメイクをすると、立体感のある顔立ちになるのではないでしょうか?
目力を効かせたデカ目メイクも目をくっきりはっきり大きく見せることで、立体感がついて、小顔効果もあるように思います。

まずはアイラインから。
「目」全体をデカ目に見せるなら、
アイラインは長めに入れてみましょう。
具体的には目頭から目尻にかけて、徐々に太めに描いていきます。
元々そこそこ目がくっきりしている人なら目尻にアイラインを描くだけでもデカ目効果が期待できます。
上まぶたばかりに気を取られがちですが、下まぶたも忘れずにラインを引きましょう。
下まぶたはまつげと粘膜の間にラインを引くようにします。それだけで、ずいぶんと目力がアップします。

「黒目」を強調したいなら。
アイラインを引く時に、黒目の上下を太めに描くようにしてみましょう。
縦長効果で黒目が強調されて大きく見えます。
目の錯覚を利用するわけですね。

まつげ
「目」全体をデカ目に見せるなら、
まずは、ビューラーでまつげを立たせることで、パッチリとした目になります。

「黒目」を強調したいなら
マスカラをまつげの中央に重ねづけすることで、縦長を強調しましょう。
理屈はアイラインの時と同じです。
また、マスカラをつけたあとに、ピンセットなどできれいに扇状に整えるときれいに見えますし、
くっきりはっきりパッチリ効果がアップして、よりデカ目が強調されると思います。

アイブロウ
デカ目メイクには眉毛も忘れてはいけません。
「目」全体をデカ目に見せるなら、
眉尻は長めに描きましょう。
目安は小花から目尻の延長線上あたりまで。
アイラインやまつげで中央を強調しているので、眉山はなだらかに引くと良いでしょう。
立体感をだすには眉がしらから眉尻にかけてグラデーションをつけると効果的です。
「デカ目」を意識しすぎて眉毛の印象が薄くなりすぎると不自然になってしまいます。

色味はベースメイクや洋服のカラーによりコーディネイトすれば良いと思います。




メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


立体感メイクへ戻る
メイクアップ徹底講座へ戻る


Copyright (C)メイクアップ徹底講座