トリートメント剤の知識

ヘアケア徹底講座画像 リンス・コンディショナー・トリートメントの違い



リンス、コンディショナー、トリートメントはなにが違うか知っていますか?・リンスは、3つの中で一番最初に開発されたヘアケア剤です。技術が発達していない昔、アルカリ性成分のシャンプーを中和させるために、すすぐ必要がありました。すすぐ=rinseという意味があります。リンスは指どおりを良くして、ツヤを出す効果があります。粘度は低く、毛髪の表面に付着して、コーティングさせることにより、静電気の発生などを抑えることができます。毛髪内部には浸透しません。

コンディショナーは、シャンプーの後、毛髪のコンディションをよくする目的で開発されたヘアケア剤です。今では、リンスとコンディショナーの区別があまりありません。アルカリ性の石鹸シャンプーならば、中和するためにリンス(コンディショナー)を使用します。また、コンディショナーには毛髪に汚れがつかないようにしたり、サラサラ・しっとりさせたりする効果があります。やや粘度が高く、毛髪内部に少しだけ浸透します。

トリートメントは、本来は、洗髪後、乾いた毛髪に施すヘアケア剤として開発され、毛髪を健康にする目的で考えられたものです。しかし、現在はリンス感覚で使用され、同じ効果があります。粘度は高く、毛髪内部に深く浸透するため、ダメージ部分に栄養補給ができます。ヘアパックはトリートメントよりも粘度が高いものです。成分的には、これら3種類は同類です。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ヘアトリートメントでしっとりへ戻る
ヘアケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)ヘアケア徹底講座