カラーリングの種類

ヘアケア徹底講座画像 カラーリングの種類について説明しています。



カラーリングの種類は大きく分けて、ヘアダイ・ヘアマニュキュア・カラーリングシャンプー・ヘアトリートメント・ヘナの5種類があります。
カラーリングの9割は、ヘアダイとヘアマニキュアです。残りの1割は、カラーリングシャンプー、ヘアトリートメント、ヘナがあります。

ヘアダイは、髪の内部に色素を入れるので、髪へのダメージは相当大きくなります。ヘアマニキュアは、髪の表面に色をつけるものです。
ヘアダイと比べて髪へのダメージが少ないといわれています。
カラーリングシャンプーは、シャンプーをするだけで、髪を染めることができ、毎日使用するものなので、ダメージはあまりありません。

ヘアートリートメントは、ヘアマニキュアを5分の1に薄めたものです。ヘアマニキュアよりもダメージは少なくなっています。
ヘナは、植物の葉から抽出された染料を使うものです。天然の染料なので、髪へのダメージが少ないといわれています。
ただアレルギー反応が出てかぶれることがあるので、必ずパッチテストを受けて下さい。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


カラーリングのケアについてへ戻る
ヘアケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)ヘアケア徹底講座