カラーリングケアのお手入れ方法

ヘアケア徹底講座画像 カラーリングケアのお手入れ方法をご紹介



カラーリングした髪は、そのままでは痛んでしまうので、ヘアケアがとても大切です。
毎日お手入れをしていないと、パサパサした艶のない髪になってしまい、せっかくカラーリングをしても、印象が良くありません。
カラーリングケアは、カラーリング専用のシャンプーやリンスやコンディショナーを使用します。

シャンプーやリンスの他に、さらにヘアパックをすることで、カラーリングで痛んでしまった髪のたんぱく質やキューティクルを補修することができます。

カラーリングした髪は、メラニン色素が減少しているために、紫外線にとても弱いという特性があります。
髪をドライヤーでセットする時に、紫外線対策に、UVカット効果のあるスタイリング剤を使用することで、紫外線による髪のダメージを守ることができます。
毎日きちんとヘアケアしていれば、カラーリングも長持ちして、髪も艶やハリが出て、キレイに見えます。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


カラーリングのケアについてへ戻る
ヘアケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)ヘアケア徹底講座