アンチエイジングでたるみ対策

フェイスケア徹底講座画像 アンチエイジングでたるみを予防して老け顔から若い顔



アンチエイジングでたるみを予防、治療できれば老け顔から若い顔に変身できます。
顔のたるみはしわとともに老け顔に見える原因です。
主に目の下や頬、鼻のワキ、口角、フェースラインなどの脂肪が多い部分に目立ちます。
アンチエイジングでたるみを予防、無くすためには肌のハリを取り戻すことが必要になります。
肌に弾力がなくなると皮膚が顔の脂肪を支えきれずに下がってくるのがたるみです。

最大の原因は肌の老化で加齢が進むにつれて、コラーゲンやエラスチンが減少することです。
コラーゲンによって保たれている肌のハリや弾力が、コラーゲンの減少により、コラーゲン線維の網目が増加することで皮膚の柔軟性がなくってしまいます。
また、表皮と皮下組織を支えている脂肪層が徐々に減少して、支えることができなくなり、たるんできます。

そして、老化による筋肉の衰えも重要なたるみの原因になります。
真皮層に直結している筋肉の表情筋の力が加齢とともに衰えてきます。
その結果、皮膚を引っ張る力が弱まり、皮膚が下がることにより、たるみになります。
これらのたるみを予防するため、肌の血行を良くして、老廃物を除去して栄養を十分に補給するため顔をマッサージすることが有効です。
また、コラーゲンは女性ホルモンが低下することで減少するので、女性ホルモンの機能を活性化させる化粧品などの利用もおススメです。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


アンチエイジング対策法へ戻る
フェイスケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)フェイスケア徹底講座