アンチエイジングでしわ対策

フェイスケア徹底講座画像 アンチエイジングで「しわ」を予防して、治療するには



アンチエイジングでしわを予防、治療するためには、しわの原因である皮膚の老化を予防、治療しなくてはなりません。
皮膚の老化は、年令とともに肌の真皮層にあるエラスチンやコラーゲンの量が少なくなることや変性を起こすことによって肌に弾力がなくなることによってはじまります。
また、角質層のバリア機能が年齢とともに失われ、肌の表面が乾いて硬くなり、小じわができます。

皮膚が老化を起こす最大の要因は「光老化」です。
これは紫外線を外的要因として起こる症状で、健康な皮膚が紫外線によってコラーゲンが切断され、エラスチンを変性させる酵素が生まれることによって弾力がなくなり、しわとなります。
若いときはつぎつぎと新しいコラーゲンやエラスチンが生産されるので細胞が新しくなり、しわになりません。
しかし、加齢に伴い新しいコラーゲンやエラスチンを生産する能力が衰えます。
小じわの原因は、肌が乾燥することによって起こります。

アンチエイジングでしわや小じわを予防、治療するためには、紫外線と乾燥を防ぐ対策が必要です。
軽いしわならば、しわが増えないように直接日光を浴び無いように紫外線対策をして、スキンケアで乾燥を防ぎましょう。
また、紫外線のUVA、UVBをサンスクリーン剤で防ぎ、保湿剤で角質層のバリア機能を高めます。
深いしわの場合は、皮膚科の医師による治療が必要になります。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


アンチエイジング対策法へ戻る
フェイスケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)フェイスケア徹底講座