チエイジングでシミ対策

フェイスケア徹底講座画像 シミの原因は、皮膚の老化と紫外線による皮膚への刺激



アンチエイジングでシミの対策をするために、シミについての知識を持ちましょう。
シミは30代になると徐々にできてきます。
しかも、いったんできると消すことは困難です。
シミには、美白化粧品で治せる場合と医師に治療してもらわなければ消せないシミがあります。
そのシミの原因は、皮膚の老化と紫外線による肌への刺激です。

皮膚が老化とともに細胞活性が衰えてきます。
その結果、メラニンの代謝が悪くなることによって、皮膚に色素がたまりやすい状態になります。
そして、日中の紫外線などにより、皮膚に炎症が起こると細胞を守るためにメラノサイトという細胞が活性化されて黒いメラニン色素を作ります。そのとき、部分的にメラノサイトが活発化して、メラニン色素を含む細胞が層となることによってシミができます。
また、角質層の上部などにメラニン色素がたまるとクスミになります。

クスミや軽いシミの場合は、美白化粧品で取ることができる場合があります。
妊娠した時や更年期になるとできる「肝班」や「老人性素班」など、シミの表面にざらついていなくて、厚みがないなら、市販の美白化粧品を試してみましょう。
しかし、厚みのある「老人性色素斑」や「脂漏性角化症」というシミは病院で医師に治療してもらわないと取ることはできません。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


アンチエイジング対策法へ戻る
フェイスケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)フェイスケア徹底講座