アンチエイジングで目の老化対策

フェイスケア徹底講座画像 アンチエイジングで老眼の予防は目を疲れさせないこと



アンチエイジングで老眼の原因を予防するには疲れ目を予防することがポイントです。
現在のところ、老眼を予防するためには目の疲れをためないようにするしかありません。
40代になって、本や資料などを読むとき徐々に細かい文字が見えなくなったら、老眼が始まっているかもしれません。
そんな時は、すぐに眼科に行って老眼を矯正するメガネや目の疲れを癒してくれる薬を処方してもらいましょう。

老眼は、目の水晶体が老化に伴い衰えて弾力性がなくなることと、水晶体の厚さを調節する毛様体筋という筋肉も衰えによって十分に機能を果たすことでができなくなることによって始まります。
老眼を予防することは、できませんが進行を遅らせることはできます。
そのためには、初期の段階から適切な対応をすることが大切になってきます。
50代60代になってから、老眼の進行を遅らせる努力をしても効果は薄いので、できるだけ早い段階で始めましましょう。

目を老化させる原因は、血行不良や紫外線、乾燥などです。
目に栄養を与えるためには、血行を良くして毛細血管から栄養を含んだ新しい血と古い血を入れ替えることによって目の健康が保たれます。
紫外線は、活性酸素を発生させたり、角膜に炎症を起こしたり、目を老化させる原因の一つです。
そして、肉体的な老化により、涙の量が減少することによって、ドライアイ状態になり、目が乾燥します。
そのため、目の老化である老眼を進める結果になります。
老眼が気になりだしたら、早めに眼科の医師に診察してもらい、対策を施しましょう。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


アンチエイジング対策法へ戻る
フェイスケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)フェイスケア徹底講座