アンチエイジングで乾燥肌対策

フェイスケア徹底講座画像 アンチエイジングで乾燥肌を防ぐことで老化を防止する



アンチエイジングで乾燥肌を防ぐことは、いろいろな老化を防止する役に立ちます。
若いころは、何もしなくても潤いがあって瑞々しかった肌が、老化が進むにしたがって、お肌の水分や脂肪が減少してきます。
それに加えて、紫外線やエアコンなどによる空気の乾燥によって、さらに乾燥肌になってしまいます。
その乾燥肌の原因は、肌の一番表面にある角質層が老化や乾燥によってバリア機能を失うことです。

お肌の表面にある角質層は、本来、肌内部の水分が外部に出ないようにする役割と角質層自体が天然保湿因子NMF・細胞間脂質・皮脂膜という保水機能があるので潤っています。
これらが若いころは、充分に満たされているので何もしなくても乾燥肌になることはありません。
しかし、加齢に伴い皮脂に備わっていた水分の量が減少して、紫外線や乾燥した環境が続くことによって、潤い成分がなくなり、肌の水分もなくなってしまいます。

乾燥肌を防ぐためには、角質層に水分と栄養を与える必要があります。
洗顔後に化粧水で保湿成分を十分に補給することで、お肌が潤うようになります。
洗顔すると天然保湿因子NMF・細胞間脂質・皮脂膜が失われるので、すぐに化粧水で補給します。
このときにヒアルロン酸やアミノ酸、セラミドなどが含まれた化粧水を使うとより効果的です。
また、老化により減少するイソフラボンを補給すると、皮脂の分泌を促してくれるので肌に潤いを与えてくれます。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


アンチエイジング対策法へ戻る
フェイスケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)フェイスケア徹底講座