フェイスパウダーの使い方

コスメ徹底講座画像 フェイスパウダーの使い方は色々!メイク仕上げやなおしの他にも紫外線対策に!



フェイスパウダーの使い方で一番多いのは、ファンデーションメイクの後の仕上げでしょう。
つけてすぐの時は粉っぽさが気になることもあるかもしれませんが、時間の経過と共になじんでくるのであまり心配は要りません。
あきらかにつけすぎたなという自覚がある時は、やわらかいフェイスブラシでさーっとお顔をなでて余分なお粉を落とすのも良いでしょう。

フェイスパウダーを使うことで、化粧っぽくなくナチュラルでふんわりした肌感を演出できるので、メイクの仕上げには超オススメです。
フェイスパウダーって重い印象があったのですが、最近では粒子がこまかくてつけてる感が全然ないというタイプのものがたくさんでてきています。

フェイスパウダーのお粉の成分には、ファンデーションや浮き出る皮脂を適度に吸着してくれる機能があるので、化粧崩れを防ぐのに大変役立つコスメ!
使い方はいたって簡単。ファンデーションメイクの後に、さっとお顔に乗せるだけ。

ルースパウダーは粉状なので、プレストパウダー(固形)のものと比べて、印象で「粉っぽくなるのでは」と敬遠されがちですが、仕上げに使用してその後のサラサラ感や化粧崩れのしにくさを体験してハマる人は多いようです。
プレストパウダーは固形なので、化粧なおしの際にお粉を散らすというハプニングがありません。

化粧なおしは出来るだけさりげなくささっと済ませたいものですから、コンパクトなプレストパウダーは本当に便利です。

フェイスパウダーの使い方は、人によって肌質や好みがあるのでそれぞれだと思いますが、下地→リキッドファンデ→フェイスパウダーが一番キレイに仕上がるかなと思います。

フェイスパウダーのルースパウダー(粉状のもの)はお粉なので大体どのメーカーのものでも持ち運ぶのにはちょっと大きいというか持ち運ぶ用の大きさではありません。

持ち運び用にはプレストパウダー(固形でコンパクトに入っているもの)がオススメです。
ルースパウダーの使用感が好きな人は、小さなパウダー用ケースに小分けで持ち歩いたりなどの工夫をしているようです。
ルースパウダーはなかなか量があるので、こんな使い方も◎ですね。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


フェイスパウダーへ戻る
コスメの通販・使い方徹底講座へ戻る


Copyright (C)コスメの通販・使い方徹底講座