メイクに必須のアイテム・超美肌フェイスパウダー

コスメ徹底講座画像 メイクの仕上げや化粧崩れ防止、お化粧直しに必須のフェイスパウダー



フェイスパウダーには「ルースパウダー」と「プレストパウダー」があります。

「ルースパウダー」は、粉状のもので附属のパフにつけて揉みこんでからフェイスオンしたりします。
「プレストパウダー」は、ルースパウダーを固めてコンパクトに収めたものです。
持ち運びしやすいので外出先などで化粧直しをするのに便利です。

メイクの仕上げではなく、化粧直しのための使用に重点をおいて考えると、持ち運びが便利なプレストパウダーが使い勝手が良いでしょう。
ルースパウダーは粉状なので、仕上がりはふんわりする感じがします。
外出先でもこのふんわり仕上げの化粧直しをしたい場合は、やはりルースパウダーが良いのでしょうが、容器が大きいので持ち歩きには不向きです。

フェイスパウダーを2種類も買うのはなぁ・・・という場合は、ルースパウダーを買って、小さい容器などに分けて持ち歩くのがオススメです。

フェイスパウダーはリキッドファンデーションの仕上げに使うと、化粧崩れをかなり防ぐことが出来ます。

一般的なメイク方法としては、化粧下地⇒ファンデーションと続きますが、ファンデーションには油分を含むものが多く、仕上げのフェイスパウダーをすることでその油分を適度に吸収してほどよい肌感を保ってくれので仕上げには重要なアイテムです。

仕上げ前の段階のファンデーションがリキッドでもパウダーでも、フェイスパウダーの仕上げはしておくといいでしょう。
パウダーファンデーションの場合は、パウダー×パウダーになって粉っぽくなるのでは?と思われますが、パウダーファンデーションの仕上げとして使うフェイスパウダーは、皮脂の出やすいオデコや鼻の部分付けがオススメです。

最近のフェイスパウダーはいかに透明感のある自然な肌質を演出するかに各社が技を競い合っているようなかんじがします。

超微粒子パウダーがお肌の凹凸を埋めて、まるで女優さんのメイクのような完成度の高さを簡単に得ることができます。
また顔という敏感な部分に毎日使ってもトラブルがおきないようにと、ミネラルや植物由来成分を配合したものもあります。

多くの人が安心して使うことができるような工夫された配合のフェイスパウダーも数々登場しています。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


フェイスパウダーへ戻る
コスメの通販・使い方徹底講座へ戻る


Copyright (C)コスメの通販・使い方徹底講座