アイシャドーについて

コスメ徹底講座画像 アイシャドーについて説明しています。



アイシャドーは、目元を華やかにしたり、陰影を付けたり、立体的に見せることができます。古くは、エジプトの女王クレオパトラもアイシャドーを使用していましたが、日本では、明治時代に初めて入ってきました。当時は、なかなかアイシャドーが普及せず、一般に浸透したのは昭和に入ってからで、比較的最近のことです。テレビや雑誌などの広告効果もあり、終戦後は爆発的に普及しました。

アイシャドーは、ブラウン・ブルー・グリーン・紫・ピンク・黄色など、様々な色が使われ、パールやラメなどのキラキラ感のあるアイシャドーも人気です。まぶたがくすんでいる人は、アイシャドーがキレイに発色しないので、アイシャドーベースと呼ばれる下地を塗布してから使用することもあります。

最近では、女性のお化粧のポイントはアイメイクが一番重要とされ、アイシャドー・アイライナー・ビューラー・マスカラ・つけまつ毛などを効果的に使うことによって、目を大きく見せたり、目力アップの効果があります。アイメイクはメイクの中でも 一番重要なポイントで、目元によって印象が大きくかわります。最近では、アイメイクの一つとして、カラーコンタクトを利用する人も増えています。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


アイシャドーへ戻る
コスメの通販・使い方徹底講座へ戻る


Copyright (C)コスメの通販・使い方徹底講座