目的別で選ぶコンシーラー

コスメ徹底講座画像 ベースメイクにコンシーラーは欠かせないので、目的別や使いやすさに応じて選んでみましょう。



ベースメイクはメイクの仕上がりの良し悪しを左右し、重要な手抜きのできないポイントのひとつです。特にコンシーラーは顔のシミや目の下のクマなど、ファンデーションではカバーしきれない部分をやってくれますから、今やベースメイクには欠かせませんね。種類もスティックタイプやペンシルタイプなど、形もさまざま登場しています。目的や使いやすさに応じて、選んでみましょう。

パレットタイプ…専用ブラシで自分の肌に合わせて色を調節でき、ベージュ・イエロー・ブラウンの3色がセット。気になる部分を自然にカバーしてくれ、薄づきで伸ばしやすい。保湿力があるので、パサつかず、目の下のクマ隠しもOK!気になる部分に押さえながらなじませていくと、ファンデにもよくなじんでくれます。筆ペンタイプ…携帯にも便利。ファンデをつける前に気になる部分になじませるだけなので、よれることがありません。軽いテクスチャーで肌なじみも良く、乾きも早い。日本人の肌に合わせた4色なので、自分の肌に合うものが簡単に見つけられます。

スティックタイプ…カバー力があり、よれにくいため、目の下のクマをカバーするのに最適です。使いやすいスティックタイプなので、目の下にトントンとのばしていくだけ。ハイライト効果も高いので、目元がパッと明るい印象になります。プロのメイクアップアーティスト御用達の人気アイテム。クリーミータイプ…定番中の定番で、目の下のクマ隠しには定評があり、ボビイのコンシーラーがこのタイプ。数時間たってもキレイに小ジワやクマをカバーしてくれる優れもの。目元をお手入れした後、指で温めるようにしながら、のばしていくのがポイント。肌をきれいに見せる、キットのシアーフィニッシュ ルース パウダーのほのかなパール感でより引き立ちます。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


コンシーラーへ戻る
コスメの通販・使い方徹底講座へ戻る


Copyright (C)コスメの通販・使い方徹底講座