コンシーラーでシミをカバー!

コスメ徹底講座画像 コンシーラーのピンポイント使いで、シミをカバーする方法です。



コンシーラーでシミやホクロを簡単にカバーするために、少し固めのスティック状のコンシーラーを使います。柔らかいコンシーラーでは厚塗りの印象になってしまい、厚く塗り過ぎが原因でひび割れたように見えたら、せっかくのメイクが残念な結果になってしまいます。でも、コンシーラーを上手に使えば、シミやホクロをカバーし、美肌に仕上げることができます。

@範囲の広いシミが気になるならば、ファンデーションを塗る前に、黄色系の下地を塗っておくと目立たなくなるので、先に下地を塗ってから、ファンデーションを塗りましょう。A固いコンシーラーをとり、気になる部分にコンシーラーをのせ、シミを消していきます。自然な感じに仕上げるために、コンシーラーの色はファンデーションと同色を選びましょう。Bコンシーラーをシミやホクロの上にのせたら、指で軽くポンポンとコンシーラーのまわりをなじませ、ナチュラルに仕上げます。

Cチップなどで少量のパウダーファンデーションをとり、コンシーラーの上に軽くのせてカバーします。【注意するポイント】・シミやホクロを消すために、柔らかめではなく、固めのコンシーラーを選びます。・筆の柄を使うと、簡単にピンポイントでシミを消すことができます。・コンシーラーとファンデーションは同色で統一します。・少量のパウダーファンデーションをのせてカバーし、コンシーラーを崩れにくくします。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


コンシーラーへ戻る
コスメの通販・使い方徹底講座へ戻る


Copyright (C)コスメの通販・使い方徹底講座