カラコンには規制があります

コスメ徹底講座画像 カラコンは規制で販売に許可が必要な商品になりました



カラーコンタクト(カラコン)は、いままで何の規制もなく雑貨品として販売されていました。
最近では雑誌モデルや有名タレントなどが使用するようになって若者の間でブームになっています。
業者は販売数が増えてきたので大量に生産するためや価格競争になって価格を下げるために、品質の悪い安い商品がネットショップや量販店で出回るようになってしまいました。

その結果、目の障害を訴える人たちが増え、中には失明につながるような症状も発生したため、厚生労働省が、これまで雑貨品であったおしゃれ用カラコンも一般のコンタクトレンズと同等の規制をする方針を決めました。
2009年2月4日に薬事法を一部改正、2009年4月28日に非視力補正用コンタクトレンズ基準を定めて公布、2009年11月4日から施行されています。
改正の結果、カラコンも一般のコンタクトレンズと同じ基準で材質やレンズ面のカーブなどについて安全基準を満たすことが義務付けられました。

さらに販売については、薬事法上の「高度管理医療機器販売業の許可」を取得した販売業者の有資格者がカラコン使用についてのリスクを説明したうえで販売するようになりました。
しかし、厚生労働省は急な法改正であったために業界の対応が不可能と判断して経過措置期間を設けています。
2011年2月3日までは、製造販売未承認品であっても原材料、物性値、細胞毒性などの承認基準を満たした商品に限って「経過措置届出品」として販売を許可しています。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


カラコンへ戻る
コスメの通販・使い方徹底講座へ戻る


Copyright (C)コスメの通販・使い方徹底講座