カラコンは若者の必需品!

コスメ徹底講座画像 カラコンは瞳を大きくデカ目にしたり瞳の色を変えます



カラコンはカラーコンタクトを省略した言い方です。
瞳のサイズ以上のカラコンを目の部分に装着することによって瞳を大きくみせたり、カラコンの色をブラウンやグレー、ブルー、パープルなどに変えることで瞳の色が変わるので印象を変えることができます。
モデルやキャバ嬢などが好んで使いだし、そのスタイルの憧れる若者の間で爆発的に広がりました。
カラコンは、韓国から流行りだした商品で、度のついていないカラコンはオシャレ用品として雑貨の扱いで販売されていました。

しかし、多くの若者が使うようになり、誤った使用方法やカラコンのケアを手抜きしたりしたので、目に障害がでる人たちが現れて社会問題になりました。
そこで、厚生労働省がコンタクトレンズと同じように薬事法で規制することになりました。
現在カラコンは医療用具という位置づけなのでコンタクトレンズを作るときと同じ検査が必要になっています。
また、販売する業者も「高度管理医療機器販売業の許可」を取得した販売業者の有資格者がカラコンの使用についてのリスクをちゃんと説明してから販売するようになっています。
しかし、これは国内の販売業者だけに適用される法律なので韓国などの外国に籍のある会社が販売する場合は規制ができない状態です。
目の安全を考えるならば国内の業者の商品を使うことをお勧めします。

カラコンを使用するときは、カラコンの汚れを防ぐために手や指を石鹸でよく洗ってから、カラコンを脱着してください。
手や指についていた汚れがカラコンにつくとレンズにキズがついたり、汚れが取れなくなります。
お化粧などはカラコンを付けた後に行ってください。
カラコンを外した後は、必ず洗浄と消毒のケアをしてください。
爪先はなめらかにしておくこと。
カラコンを外すときは、指の腹でかるつまみます。
それから、カラコンを紙や布などでこすると傷つくので、こすらないこと。
カラコンのケースが汚れているとカラコンに汚れが付く場合があるので、定期的に交換してください。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


カラコンへ戻る
コスメの通販・使い方徹底講座へ戻る


Copyright (C)コスメの通販・使い方徹底講座