葉酸のサプリメント活用ガイド

ボディケア徹底講座画像 健康維持に欠かせない栄養素の葉酸の働きと葉酸サプリメント



葉酸のサプリメントを使うのなら、葉酸の働きについて知っておきましょう。
葉酸の働きは、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防のほか、貧血の予防、動脈硬化の予防、細胞の生成を助けるなど、健康維持に欠かせない栄養素です。
葉酸の1日に必要な量は240マイクログラムで普通の食生活をしていれば、不足する事は有りません。
しかし妊娠時には400マイクログラムもの葉酸が不可欠だといわれます。
もし400マイクログラムを実際に食品で摂取しようとすると、ほうれん草で7株に相当する量なので葉酸のサプリメントで補うのが効率的です。


学術研究者たちが発起人となって「葉酸と母子の健康を考える会」が立ちあげられ、4月3日を、葉酸の日と設定したことからも分かるように、妊婦さんには特に必須の栄養素です。
赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防を考えた場合、妊娠に気がついた時点では、既にお腹の中の赤ちゃんの脊椎は形成されているので、子供を作る予定ならば妊娠前から葉酸のサプリメントを摂取した方が良いと言う事に成ります。


葉酸のサプリメントは出来るだけ全てのビタミンB群の入ったものを選んで、ビタミンB群8種類を過不足無く摂取する必要が有ります。
ビタミンB群の栄養素は特に女性には必須で、お肌の状態を良くしたり、糖質や脂質の分解を助けたりととても大切な役目もあります。




メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


サプリメントの成分と選び方へ戻る
ボディケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)ボディケア徹底講座