自分でできるボディケア/角質ケア

ボディケア徹底講座画像 おススメボディケアはかかとや足裏の角質ケア!



ボディケアは、体全体のハリ・潤い・保湿・美白など色々な箇所の色々なケア方法があります。これらはエステサロンやボディケアサロンで施術してもらえますが、値段的に高価で続けて行く事ができなかったり、忙しくなって行く事自体ができなくなたりと、いろんな面で意識をしないとなかなか続けていけないのがちょっと難しいところです。

ボディケアは、自分の肌質や目的に合った商品を使う事で自分で自宅ですることができます。

角質ケアは、携帯やパソコンの通販を利用してケア用品を買って、自宅でできる手間のかからないボディケアとしておすすめです。

ボディケアのうちの角質ケアは、角質で困っている!という人以外は、意外と見過ごしがちなケアだと思います。かかとやひざなどの角質は、肌の露出が多くなる時期に「はっ」と気づいて慌てて!という人も少なくないと思います。
足裏の角質は、露出していない部分なだけに、ひざやかかとよりももっと注意やケアが届きにくい箇所といえるでしょう。

角質がたまる原因はいくつかあるそうですが、主な原因は「摩擦によるもの」だといわれています。靴のサイズが合わないなどによって、皮膚に不必要な摩擦を与え続けると、皮膚はその部分を保護しようとして厚くなっていくというのです。

足のサイズは人それぞれで、必ずしも規格サイズのものがぴったりというわけではありません。デザイン性の高い靴などを選ぶときには、通販で買うよりも面倒でも売り場に行って、実際に足入れをしたり販売員さんのアドバイスを受けると良いでしょう。靴のサイズが小さくても大きくても、角質が出来る原因をまねきます。水虫にもかかりやすくなるので要注意です。

足の臭いがキツイというのは男性のイメージですが、実は男性に限った事ではありません。

足の臭いは、靴の素材やストッキング、靴下などで蒸れて汗をかき、雑菌が繁殖するのが一般的な原因のようですが、じつは角質も臭いの原因になるようです。足の表皮に住む細菌が古い角質や蒸れてふやけた角質をエサにして増殖して臭いを発します。

汗をかかないように、または汗をかいてもすぐ対策をしたり消臭する気遣いは、特に足の臭いを気にする人の間には浸透している臭い対策のようですが、それでもあまり改善が見られない時は、角質ケアを見落としていないかふりかってみる必要がありそうです。角質ケアは、自宅で簡単に出来るものが通販で買えるのでサロンに行く時間がない人でも自分で簡単にできる、オススメボディケアです。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ボディケア・角質ケアへ戻る
ボディケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)ボディケア徹底講座