マッサージ用ボディーオイル

ボディケア徹底講座画像 マッサージ用ボディーオイルについて説明しています



マッサージに使用するボディオイルは、よくエステなどで使用されていますが、最近では、自宅で使用する人も増えています。
マッサージをする時に、撫でたり、摩ったり、揉んだりする時に直接、皮膚と皮膚が擦れあうと、摩擦で皮膚を傷めてしまうので、ボディーオイルを使うことで、潤滑油となります。マッサージする前に、あらかじめ体に塗っておくためのオイルです。

ボディーオイルなしで、手で体をマッサージしようと、なで上げても、手が滑らずに、途中で止まってしまい、摩擦で肌が荒れてしまうし、マッサージ効果もありません。
そこで、マッサージする時に、肌と肌の間にボディーオイルが入ることで、スルスル滑らかに手を動かすことができて、マッサージ効果も高まります。

自宅で行うセルフマッサージの場合は、足にマッサージオイルを垂らして、まんべんなく広げます。
足の先から、だんだん揉み上げていくと、血行がよくなり、リンパの流れをよくして、むくみをとったりすることができます。
アロマやハーブの香りなど色々な種類があるので、自分好みの香りなら、リラックス効果もあります。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ボディローションの基本へ戻る
ボディケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)ボディケア徹底講座