アロマテラピーのアロマオイル

ボディケア徹底講座画像 アロマテラピーのアロマオイルにについて説明しています。



アロマテラピーは、女性を中心に広まってきていますが、まだ興味はあるけど、試したことはないという人も多いと思います。
アロマテラピーの楽しみ方が分かりにいところもあって、アロマの教室などにいかないかぎり、なかなか試すきっかけがないのです。

1931年頃フランス人化学者の、ルネ・モーリス・ガットフォセが、アロマ(aroma)とテラピー(therapy)を掛け合わせた造語のアロマテラピーという言葉を造りました。
アロマテラピーとは、植物の持つ香りや成分を利用して、健康維持に役立てたりすることです。古代から、薬草で傷を治したり、森でリラックスしたりしてきたのです。

アロマテラピーには、植物から抽出したアロマオイル=エッセンシャルオイルを使用します。
アロマポットやお風呂にオイルをたらして、のんびりと香りを楽しんだり、美容のためにお肌にトリートメントを行なうこともあります。
ストレスが多い社会の中で、古来から活用してきた植物の持つナチュラルな力を積極的に活用していこうというのが、アロマテラピーの考え方なのです。



メニュー一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。


ボディローションの基本へ戻る
ボディケア徹底講座へ戻る


Copyright (C)ボディケア徹底講座